その歴史について

| 未分類 |

脱毛の歴史は古く、紀元前3000年~4000年頃の地中海地方や古代オリエント時代にはすでに始まって

いたのではないかと言われています。宗教などの文献に記されている古典的な脱毛剤の材料は、石灰、

硫黄、でんぷんなどを入れ、水でペースト状にして作られていました。これは現代でいう脱毛ワックス

のようなもので、古代オリエントのハーレムの女性たちが脱毛処理用として一般的に使用していたと言

われています。観葉植物03

日本では、奈良時代から江戸時代にかけて、眉を剃ったり、眉の毛を抜いた後に墨で眉毛を描くという

化粧法が広がり、眉の脱毛が行われていました。また、江戸時代には、遊女や一般庶民も線香や石など

を用いてアンダーヘアの手入れをしていたのではないかと言われています。そして、アンダーヘアの他

に、広い範囲の脱毛では、軽石の粉と木の実油を混ぜたものを皮膚に擦り込み、毛を擦り切っていたと

言われています。さらに、毛を擦り切った後のケアには、ヘチマ水とウグイスの糞を使用していたと言

われています。

19世紀後半~20世紀に入るにつれて、レーザー脱毛などの光脱毛方式が開発され、現代では、性別や

年代を問わず、気軽にクリニックやエステサロンで脱毛施術が受けられるようになっています。